IT資格

【一発合格】ITIL Foundation(ファンデーション)に合格する方法

ITIL Foundation(ファンデーション)をどのように勉強しようと思っていますか。

私は新入社員1年目で必ず取るように言われていて、自分だけ試験に落ちて恥ずかしい思いをしたくありませんでした。

みなさまも会社からITILファンデーションを取得するように言われている方も多いのではないでしょうか。

私がITILファンデーションの試験を一発で合格した方法を紹介していきます。

この記事を読むと分かること
  • ITILファンデーションとは
  • ITILファンデーションの難易度と合格率
  • 一発で合格したいなら「クラムメディア

スポンサーリンク

ITILファンデーションとは

試験名 ITIL Foundation(ファンデーション)
主催 People Cert
試験実施日 随時(テストセンターによる)
出題数/試験時間 40問/60分
合格基準 26/40問(65%)以上の正答率で合格
受験料 43,890円(税抜)
資格の有効期限 無期限

ITIL(アイティル)とは「Infomation Technology Infrastructure Library」の頭文字からきていて、ITILは以下の4段階に資格が分かれています。

  1. ファンデーション
  2. インターミディエイト
  3. エキスパート
  4. マスター

その中でITILファンデーションは入門資格に当たります。試験内容は基本的な内容の理解を問う試験となっているため、基本レベルの資格試験です。

ITILの試験はテストセンターに申し込みをして受験します。テストセンターに申し込みの際にバウチャーが必要になるため、事前に購入しておきましょう。

バウチャーとは、試験を受けるためのチケットで、IT系の資格ではバウチャーを購入して受験することが多いです。バウチャーはインターネットで購入できます。

ITILファンデーションの難易度と合格率

ITILファンデーションの試験は一問一答形式となっていて、考えて回答するような試験ではありません。

暗記していれば回答できる4択の試験であるため、難易度は低くなっています。ITパスポートよりは難しく、基本情報技術者試験よりは簡単だと考えてもらったらよいと思います。

 

ITILファンデーションの合格率は非公開になっています。そのため、入社1年目でITILファンデーションを受験したときの話をしたいと思います。

私が新人のときは10人くらいで受験して全員合格しており、先輩や後輩でITILファンデーションに不合格になったという話を聞いたことがありません。

しっかりと試験対策をすればほぼ100%で合格できる試験です。

ITILファンデーションに一発合格する方法

ITILファンデーションの参考書で勉強していたら、間違いなく試験に落ちていたと思います。

私がなぜITILファンデーションに合格できたのかというとCramMedia(クラムメディア)で勉強したからです。

クラムメディアとはIT系の問題集を販売しているサイトです。

クラムメディアの問題集は本番試験と同じ問題が90%近くあるため、問題を丸暗記するだけで合格することができます。

ITILファンデーションは43,890円(税抜)と受験料が高く、不合格になったらお金も時間が無駄になってしまいます。会社から取得するように言われている方は一発合格したいですよね。

自分だけ不合格になりたくない方、絶対合格したい方はクラムメディアの問題集で学習しましょう。

クラムメディアで試験に合格しよう

クラムメディアで学習して合格することが最短で合格できる方法です。ITILファンデーションをしっかり勉強したところで、実務に活かせるかというと微妙です。

もちろん、しっかりと勉強したい方は参考書を購入して勉強するのが良いと思います。

ITILファンデーションは暗記試験だと思って、クラムメディアで学習することをおすすめします。

クラムメディア公式ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク