仮想通貨

【初心者向け】仮想通貨(ビットコイン)とは何か?

2017年に仮想通貨が盛り上がり一時はビットコインが200万円にもなりました。その後、ビットコインが大きく下落しましたが、果たしてビットコインはこのまま価値がなくなってしまうのでしょうか。

仮想通貨って言葉を最近よく聞きますが、仮想通貨って実際に何なのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

仮想通貨について初心者向けに解説したので、ぜひ読んでもらえる嬉しいです。

スポンサーリンク

仮想通貨=ビットコイン?


仮想通貨がビットコインと思っている人は多いですが実際は違います。

ビットコインは仮想通貨の一種で、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコイン(alternative coin)と呼びます。

アルトコインは代わりのコインという意味なので、ビットコインの代わりのコインということですね。

アルトコインは1000種類以上もあってネム(NEM)やリップル(XRP)は聞いたことがある人が多いと思います。

アルトコインの中でもさらにマイナーなコインを草コイン、シットコイン(shit coin)と呼ぶので覚えておきましょう。

ビットコインとは

ビットコインは2008年に偽造や改ざんを防ぐための仮想通貨(暗号通貨)として誕生しました。

最初の取引はピザ2枚を10000BTCで購入したことが始まりと言われています。

仮想通貨はもともと世界中で使える通貨ではありませんでしたが、ブロックチェーンの技術が評価されたことによって取引が行われたり、様々な仮想通貨が作られるようになりました。

ほとんどのものはビットコインが元になって作られていて、実用化に向けて研究が盛んに行われています。

仮想通貨は世界共通の通貨

世界ではドルやユーロなど様々な通貨が使われています。仮想通貨はドルやユーロと同じ通貨ですが、法定通貨と異なる点は世界共通の通貨であることです。

例えば日本円をアメリカで使おうとしたらドルに両替する必要がありますが、仮想通貨はどの国でも共通の通貨として使えます。

仮想通貨は発展途上なのでまだまだ使えるところは少ないですが、今後通貨として認められれば仮想通貨を海外に持っていければ決済できる未来もやってくるかもしれません。

ビットコインの単位

ビットコイン日本円やドルのように単位があります。それがBTC(ビーティーシー)もしくはsatoshi(サトシ)いう単位です。

BTCとsatoshiは1BTC=1億satoshiといった関係になっています。

仮想通貨で取引しているとsatoshiのいう単位も出てくるので、覚えておくと便利です。

仮想通貨は何が便利なのか

仮想通貨がなぜここまで騒がれているのかというと仮想通貨には以下の特徴があります。

仮想通貨の特徴
  • 送金スピードが早い
  • 送金が安い

リップル(XRP)という通貨は銀行の送金する技術として注目されています。

例えば海外にお金を送金しようとすると送金に数日かかり、手数料は数千円取られてしまいます。仮想通貨の技術が採用されれば、送金に数秒で終わり、手数料も数円で済んでしまいます。

仮想通貨の技術は有用性が認められつつあり、大手のSBIも興味を持っています。

仮想通貨はどうやって管理している?

日本円やドルといった通貨は銀行が管理する中央集権型となっていますが、仮想通貨はみんなで管理する非中央集権型が取られています。

銀行が管理していると取引の記録は銀行しか確認できませんが、仮想通貨はみんなで管理するためすべての取引の記録が確認できます。

その根底にはブロックチェーンという技術に支えられていて、決して不正が起こらないようなシステムとなっています。

2017年はビットコインが20倍まで上昇


仮想通貨は株と同じように売買されていて、仮想通貨を売買するところを取引所と呼んでいます。ビットコインは2017年1月は11万円だったのが、12月には220万円と20倍以上に高騰しています。

ビットコインには発行上限数が2100万枚と決められていて、ビットコインがほしい人が増えると価格が上昇していきます。

ビットコインは上限も決まっていてほしい人がいるほど希少性が高まるので、金に例えられることも多いです。

ビットコインがだんだん身近になっている


2017年になってからビットコインが利用できる店舗が増えてきています。大手家電量販店ではビックカメラやヤマダ電機でビットコインでの購入が可能になりました。

今後も利用できる店舗は増えていくはずなので、仮想通貨が身近になってくるでしょう。

仮想通貨が決済手段として置き換わるのかはわかりませんが、国際送金といった技術として使われて生活が便利になると嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク