雑記

20代で年収を上げるには仕事変えるしかない|私が転職をおすすめする理由

現状の給料に不満を感じているときは、転職することも手段の1つだと考えています。私の場合、前に勤めていた会社では年収が300万円でしたが、転職後は500万円に給料アップすることができました。

今回は20代のうちに転職することがおすすめな理由を紹介していきます。

スポンサーリンク

20代の転職がおすすめな理由

生涯年収が上がる可能性が高い

現状の給料は低いけど、残業代で給料を増やしている方もいると思います。しかし、世の中では働き方改革で残業を減らそうという動きがあり、残業代によって収入が増減するのではとても危険です。今は会社の給料に満足でも将来的に残業代を減らされる可能性は高いので、長期的にみると転職しておくのが良い場合が多いです。

例えば30歳に転職して年収が50万円上がると、生涯年収は1500万円も上がります。

今の年収には満足せず、生涯年収をみて判断しましょう。

若ければ若いほど転職は有利

転職では年齢が上がるにつれて、より高度な実務経験が求められてきます。そのため、転職しようとしたときに、会社とスキルがマッチングを考えて転職先を探さなければいけません。若いときの転職では、マッチングを気にしていない会社も多く、若ければ転職もしやすいです。

転職することで給料を増やすことも難しくないので、今の会社に勤める続けるのではなく、若いうちに転職しておくほうがよいでしょう。

転職について責任がない

若いときは会社で重要な業務を任されていないのではないでしょうか。基本的に年齢が上がるにつれて重要な仕事を任されるようになっています。辞めたいときに引き止められてしまうこともあるので、辞めづらくなることが多いです。

その他にも若いときの転職では、家庭を持っていない方や子供を作っていない家庭が大半であるため、若いうちなら自由に転職活動ができます。転職は年齢が上がって行くに連れて、子供が大きくなってリスクが増える上に転職先なども限られてきます。私が20代に転職しておくことを強くおすすめしています。

さいごに

今の時代、転職することは当たり前の世の中になってきていて、私の友人は20代のうちに半分以上の人が転職しています。給料アップしたいと思っている方は、まずは転職サイトに登録し、気軽にカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

▼カウンセリングを受けることで現状を把握できます

スポンサーリンク

スポンサーリンク