ブログ

WordPressをインストール後に必ず入れておきたいおすすめのプラグイン10選

WordPressを始めたばかりだと、どのプラグインを入れたらいいのか分からない人も多いと思います。

しかし、ほとんどの人は入れているプラグインが同じで、共通で入れているプラグインがある程度決まっています。

今回はワードプレスに必ず入れておきたいプラグインをまとめたので紹介します。

スポンサーリンク

おすすめのプラグイン

Akismet Anti-Spam

ブログをスパムから保護するためのプラグインです。

1日に何十件もスパムコメントが来ている人は自動でスパムに振り分けることができます。

WordPressをインストールすると最初から入っているプラグインで必ず設定するようにしましょう。

Broken Link Checker

リンク切れを検知するプラグインです。

リンク切れが起きたときにメールで通知する機能もあるので便利です。

リンク切れはSEOに影響が出てしまいますが、このプラグインを入れておけば安心です。

Contact Form 7

コンタクトファームを設置するためのプラグインです。

設定も簡単にできるので、コンタクトファームを設置したいときはこのプラグインがおすすめです。

Google XML Sitemaps

新規で記事を追加したり記事を修正したとき、サイトマップを送信するためのプラグインです。

記事を修正してする度にサイトマップを送信するのは面倒ですので、このプラグインを入れておくことをおすすめします。

Jetpack by WordPress.com

Jetpackはセキュリティ対策やSEO対策などができるプラグインです。

色々とできることが多いので把握しないものが多いですが、私はPV数を確認するために利用しています。

困ったときはとりあえず入れておくことをおすすめしたいプラグインです。

All in One SEO Pack

SEO対策するためのプラグインです。

このプラグイン1つでほとんどのSEO対策ができるので、とりあえず入れておくとよいでしょう。

SiteGuard WP Plugin

サイトのセキュリティ対策するためのプラグインです。

日本語のプラグインで設定方法も簡単なため、迷うこともありません。

様々なセキュリティ対策ができるため、必ず入れておくべきプラグインです。

PubSubHubbub

Googleによるクロールを早くするプラグインです。

ドメインパワーが高いサイトだとすぐにクロールしてもらえます。

しかし、ドメインパワーが低いサイトはこちらからクロールを依頼しないと検索結果にいつまでも載りません。

通常は「feach as google」でクロールの依頼を出しますが、このプラグインでも自動でクロールを依頼することが可能です。

WordPress Popular Posts

読まれている記事をランキング形式で表示するためのプラグインです。

人気記事を表示したいときはこのプラグインが1番おすすめです。

WP Multibyte  Patch

日本語を正しく表示させるためのプラグインです。

このプラグインはWordPressをインストールすると最初から入っています。

まとめ

おすすめのプラグインについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

使い方が分からないプラグインが多いと思いますが、1度設定したら触らなくてもよいプラグインばかりです。

プラグインを使用すると便利になるので、色々と触ってみるといいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク