iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)の受け取り方法を分かりやすく解説

iDeCo(イデコ)とは自分で決めた額を積み立てながら、その積み立て額を自分で運用して資産形成できる私的の年金制度です。iDeCoは年金と同じように受け取りますが、年金の受け取り方は3種類あります。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 老齢給付金
  2. 障害給付金
  3. 死亡一時金

その中でiDeCoの受け取り方は老齢給付金と呼ばれています。

iDeCoは受け取り方を間違えると、税金が多く取られてしまいます。iDeCoで運用して増やそうとしたのに、受け取る方を間違えてしまってはiDeCoを利用した意味がありません。

今回はiDeCoの賢い受け取り方について説明していきます。

これからiDeCoを始めようとしている方は、「iDeCoの始め方」を参考にしてください。

スポンサーリンク

iDeCoを受け取る条件

老齢給付金を受け取る条件は2つです。

iDeCoを受け取る条件
  • 60歳以上であること
  • 加入期間が1ヶ月以上であること

iDeCoは60歳以上であることが決められていて、iDeCoを受け取るにはこれらの条件を満たさなければいけません。

iDeCoの受け取り方

年金として受け取る

iDeCoは60歳以上から受け取ることができますが、年金として受け取るには65歳まで受け取ることができません。しかし、60〜65歳まで運用することができるので、資産を多く増やすことができます。

65歳以上で年金を受け取るなら120万円まで控除され、国民年金とiDeCoを合算した額に対して税金がかかります。年金を受け取る資産は5〜20年で受け取り期間を設定できます。

一時金として受け取る

iDeCoは一時金として受け取る方法では、60歳になったタイミングで一括で受け取れます。受け取る額に対して税金がかかっていますが、退職所得控除を利用することで税金を減らすことが可能です。

退職所得控除とは、退職金を1,500万円まで控除することができ、iDeCoと合算することができます。退職金が少ない方は、一時金として受け取るのが税金もかからずお得です。

年金と一時金を併用して受け取る

年金と一時金を併用して受け取ることもでき、退職金がある程度出る方は併用がお得です。

退職金を把握しておくことで1,500万円に近い額で受け取り、税金をできる限り控除することが可能です。

老後は所得が少ないことが多いので、1,500万円を超えた分は年金として受け取ることで働いていたころより税金を少なく受け取ることが可能なのです。

iDeCoの受け取り方を決める時期

60歳になってから1週間後にJIS&Tから書類が送られてきます。書類を記入して提出することで、受け取り方を決めることが可能です。

さいごに

iDeCoの始め方について説明していることが多いですが、iDeCoの受け取り方はほとんどサイトで説明されていません。iDeCoは受け取り方を間違えてしまうと、受け取る予定だった資産が税金として取られてしまいます。

iDeCoを受け取るときは、退職金を考慮して賢く受け取りましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク